嘘をついてしまう人の特徴。嘘をつく人の心理とは?あなたは大丈夫?

resize-img42111123234
Sponsored Links

よく嘘をつく人っていますよね。悪気もなくウソをつく人と(この人は一切反省はありません)、嘘をつきたくはないけどすぐにウソをついてしまう癖があって悩んでしまう人にわかれます。

いつでも完璧にウソが一切ない人はほぼいないと思いますが、かわいいウソで許される範囲内でないと良好な人間関係を構築していくことはできないですよね。

嘘をついてしまう人の特徴や嘘をつく人の心理についてみていきましょう!

ワイドスクリーン画像, ボートの壁紙, 壁紙, 劣化ベクトル, 赤, ブックの写真, 碑文, バックグラウンド背景, フルスクリーンの写真, 折り紙, ワイドスクリーン素材

嘘をついてしまう人の特徴

周りからいいように見られたい

これは、自分のことを良く見せたい人ですね。

こういう人は現状の自分では周りからちゃんと評価をしてもらえないと思っています。なのでウソをついて、自分のことを大きく見せたい。すごいって思われたい。尊敬されて注目されたいんですね。

自分のダメなところを見せてしまうと嫌われてしまうという恐怖心もあったりしますね。

ありのままの自分を見せて、それでも自分のことを必要としてくれる人こそが本当の仲間であり、友人なのではないでしょうか。

攻撃にめっぽう弱い

嘘をついてしまう人は、相手からの攻撃にめっぽう弱い人が多いです。

たとえば、待ち合わせ時間に10分遅れそうだとします。本当は寝坊したことが理由なのですが、相手から怒られてしまうことが怖いので「ちょっと電車が10分遅れて」というウソをついてしまうわけです。

ま、これくらいの可愛いウソならある程度は許されるかと思いますが、奥さんに内緒で金融会社から借金をしたなんてウソは大きな問題になってしまいますね。

相手のことを思いやる気持ちが強い

相手のことを思いやる気持ちが強い人は意外とウソをついてしまう人も多いですね。本当のことを言うと相手が傷ついてしまうことがわかるのでついウソをついてしまうということです。

個人的にはすごく気持ちがわかるので、本当のことを伝えるときのタイミングや言い方を工夫するべきかなと思いますね。

嘘をつく人の心理とは

もうちょっとちゃんと嘘をつく人の心理学について見ておきますね。概ねウソをつく人の心理は下記の7つだと言われています。

(1) 相手のためを思ってつくうそ
(2) その場から逃れたいからつくうそ
(3) うそをついていることに本人も気づいていないうそ
(4) はじめはうそをついてないつもりが、結果としてうそになってしまううそ
(5) 楽しさからくるうそ
(6) 悪意のあるうそ
(7) その他のうそ

参考:http://www.counselingservice.jp/lecture/lec358.html

相手のためを思っての嘘は、さきほども書きましたが、たとえば「癌の告知」を考えればわかります。家族が癌になったときに、どうするか。

この時に正直に伝えることが正しいことなのか。嘘をついたほうがいいのかどうか。とても難しい問題ですよね。なので、嘘をつくことが常に悪いとは言えないのです。

 

「楽しいからくるウソ」なんていうのは、いいですね。

ちょっとしたドッキリやサプライズです。その人を喜ばせたい、笑わせたいためにウソをつく。幸せにつながるウソはいいっぱいついてもOKということです!

まとめ

子どもイメージ, ドレスの壁紙, 姉妹, 女の子ベクトル, 波, 川, 背景写真, ビーチ, 海の背景, ムードの写真, ガールフレンド, ワイドスクリーン素材

嘘をつくというのは何かしら意味があることなんでしょうね。人と人が交われば、そこにウソも発生する。自分の考え方や価値観が相手と違うからこそウソをついて人間関係をうまく築いていかなければならない。

そういった観点からすれば、嘘をつくことは必然なのかもしれません。

ただ、相手を陥れたり、迷惑をかけたり、自分のことを過度に良く見せようとしたりすることは、やってはいけないことなので、そこだけ注意するようにしたいですね。

Sponsored Links