ブログ滞在時間を最適化して人気ブログに育てる方法

resize-imgA9W9ZUFI
Sponsored Links

自分の行動を分析すると興味のあるブログ、役立つブログに出会った時は、そのブログの滞在時間が長いな~と。いろんな記事を読みたくなりますよね。人気ブログになるためには、読者さんに長くブログに滞在してもらえることが必要です。

 

その記事自体が役立つことはもちろん、関連するリンクをしっかりとわかりやすく配置する。うちのサイトであれば、ブログ初心者向けに記事を書いています。この記事を読んでくれている人はどんな悩みを抱えていて、どんなことを知りたいのかなーと想像するわけです。

たとえば、滞在時間に興味があるというのは、おそらくブログ初心者だけど少し勉強をされてきた人だと思うので、ワードプレスおススメの記事『ワードプレステーマおすすめ「Simplicity」が神すぎる件。これ全部無料でいいんですか?』や、ワードプレスで関連リンクをかっこよく紹介するブログカードの記事『ブログカードとは?見た目が良くなるブログ記事に埋め込む名刺風カード 』なんかは興味を持ってもらえるかもしれないかなとか考えるわけです。ま、地道な作業ですね。

滞在時間の考え方

私はGoogle アナリティクスでアクセス数などサイト分析しています。

Google アナリティクス サイト

キャプチャ35

https://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/index.html

 

Google アナリティクスは、アクセス数、PV数とかだけではなく、滞在時間や一人あたりのページビュー数などなど、いろいろな分析データを提供してくれます。その中に、平均セッション時間というものがあります。

キャプチャ36 キャプチャ33

上記のデータは勝手に一覧でグーグルが提供してくれるんです。ということは、「この数字は大事なんですよ」ということだと思いませんか。きっと、そうです 笑 

ユーザー数(アクセス数)とページビュー数(見られたページ数)はみんな気にしますが、質の高いサイトに改善していくためには「平均セッション時間(滞在時間)」「ページ/セッション」「直帰率」「新規セッション率」などが重要になります。

で、上記では「平均セッション時間」が「1分59秒」となっています。この数値はいいのでしょうか?悪い数値なんでしょうか?

 

まずは、平均セッション時間の考え方を説明します。新規の方が、検索からとあるページにたどり着いてその記事を3分読んだとします。もうひとつ関連記事を2分読む。さらに別記事を5分読んで、他のサイトに移ったとしましょう(離脱といいます)。

この場合、最後の記事についてはカウントされないそうです。なので、最初と次のページの平均値、すなわち「(3分+2分)÷2=2分30秒」ということですね。ま、細かい時間把握方法はいいんです。滞在時間をどう考えるかですね。

 

滞在時間(平均セッション時間)は一概に長ければいいってもんじゃない

滞在時間は基本長い方がいいのですが、一概にそうとも言えません。それは、もしアフィリエイトリンクを貼っているのであれば、そのリンクをクリックして別サイトにいってもらったほうがいいからなんですよ。

なので、自分の書いた1つひとつの記事目的にあわせて考えるようにすることが大切ですね。別サイトに誘導したい、メルマガに登録してもらいたい、別の記事を読んでもらいたいなど、記事ごとの目的をしっかり考えていきましょう。

 

Google アナリティクスは、記事ごとの滞在時間もすべてわかるんです。「行動⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページ」を見ると、1つひとつの記事の滞在時間が見れます。

キャプチャ37

1つひとつの滞在時間です。

キャプチャ43

そうすると滞在時間が長いものや短いものがあります。滞在時間が短いものは、目的にもよりますが「なぜ短いのか。何か加える情報はないのか」などを考えていけばいいんです。

ちなみに、私のサイトであれば現時点で人気記事になっているのはこの記事で『ブログで収入をアップさせる方法を5時間かけてまとめてみた! 』滞在時間が6分以上となっています!

 

まとめ

滞在時間はおそらくSEOにも何かしら影響していると思います。そうでないと、Google アナリティクスが分析数値として重要視しないと思うので。

いろいろな情報を調べてみると、人気ブログの場合は平均滞在時間(新規の方を対象)は2分程度はあると推測されます

✔ まずは、平均滞在時間1分30秒〜2分30秒あたりを意識する

✔ 平均滞在時間を下回っている記事について「目的」を再度考えて修正する

正確な「滞在時間の考え方や計測の仕方」とかを理解する必要はありません。「読者が求める情報」と「記事作成の目的」を考慮しながら、滞在時間を最適化していきましょう!

「文字数」と密接な関係がありますので、『ブログの文字数どうする?こんな記事で満足してもらえますか?』もあわせてお読みくださいね。

ブログの文字数どうする?こんな記事で満足してもらえますか?

Sponsored Links