スマホ依存症。スマホ時間長いは「悪」。使いたおせる人間が勝つ!

resize-img114
Sponsored Links

スマホを片時も離せない。いっつもスマホをいじってしまう。スマホがないと何にもできない。いわゆるスマホ依存症の人が増えています。

私もかなりの時間をスマホと一緒に過ごしています。もう電車の中では、スマホをいじってますね。メール確認、SNS対応、ブログなどネット情報収集などなど。

電車の時間が往復90分として、ほぼすべての時間がスマホです。これって立派なスマホ依存症ですかね 笑

resize-img114

スマホのデメリット

もちろん、スマホ依存になってしまうデメリットも沢山ありますね。まず目が疲れる。あっという間に時間がたってしまう。無意味なネットサーフィンをしてしまうと、ムダな時間を過ごしたことになります。

私はスマホを使ってゲームを見たり動画を見たりはしないので、そこはマシなのかもしれません。でも、携帯の請求書を見ると100万円以上の金額になっています。

もちろん、すべて割引になるので、支払金額は1万円程度なんですけど。一番のデメリットは、ムダな時間を過ごしてしまうということですね。

スマホをいじる時間はそんなに悪いこと?

スマホ時間が長くなってしまうことは、基本「悪いこと」という認識が持たれています。なるべくスマホ時間を短くしたいと思っている人もいますよね。

工夫されている人もいっぱいいます。でも、そんなにスマホ時間はダメな事なのでしょうか。確かに、時間の無駄づかいのような気もしますが、もしスマホに時間を使っていなかったら、その時間をどんなことに使うのでしょうか。

 

読書ですか。家族や友人との時間でしょうか。たとえば、一人での電車移動だけでいうと、昔のスタイルだと「読書」か「新聞」が基本といった感じですね。それか寝るか。

電車の中を見渡すと、ほぼスマホをいじっています。昔より寝ている人が圧倒的に減っています。私も電車で寝る時間が減りました。

読書か新聞ということですが、もしスマホが情報伝達の手段の一環を担っているのであれば、そんなに差がないように思うのです。本は素晴らしい。新聞が素晴らしい。ネット情報はダメだと決めつけるのは早計でしょう。

コミュニケーションツールとしての役割

フェイスブックやツイッターやラインなど、コミュニケーションツールとしての役割はいかがでしょうか。昔なら連絡も取れなかった人と、手軽につながることができます。

リアルにあうよりは、コミュニケーションの質は低いのかもしれませんが、そもそも昔は連絡を簡単にとることができなかったんですよね。今は、連絡をとりあうことで、繋がりを持つことができます。

意味のないつながりは不要ですが、自分の大事にしている人と、ネットコミュニケーションをとることは、決してムダな行為ではないはずです。そんなコミュニケーションは不要だというのは昔の考え方ですね。

スマホから逃げてしまう人

resize-img124

「時間のムダだから」ということで、スマホ(SNS)から逃げる人っていますよね。損をしているなと思います。時代の流れにのる必要もないし、もちろん個人の自由です。

でも、今の時代を生きているんです。情報化時代の真っただ中で。スマホを使ってコミュニケーションを形成すること。これは人と人がつながる新しい手段なんです。

リアルだけが意味があるなんて、古すぎる考えですね。当然、両方ともダイジだということです。SNS疲れをして、使わない。

それでも困ることもないし、SNSをやる義務なんてないからどっちでもいいのですが、せっかくこういう時代に生きているので、使いたおせる方が可能性が広がるわけです。

 

私も基本、ネット関係、ツールなどうといほうですよ。それでも、最低限使えるように何とか食らいついています。わからないなりに楽しんでいるといった感じでしょうか。

スマホ疲れも、タイムマネジメントも、困惑することがいっぱいあるからこそ、いいんですよ!

スマホ依存症なんてフっ飛ばして、使いたおせるようになりましょう。スマホに支配されるのではなく、あくまでも人が主体でスマホを使って充実した人生を送れるようにしていきましょう!

Sponsored Links