幸せになりたい!心理カウンセラーが幸せになる方法を5つにまとめてみた

imageCAL56SRN
Sponsored Links

「幸せになりたい」と思うけど、なんとなく日々気持ちが重たい。仕事も人間関係もうまくいかない。また逆に周りからみたらうまくいっているように見えるけど、実はあんまり幸せって感じていない。

幸せになるための方法なんてあるのか? ふと、幸せになりたいな~と思う自分がいる人は、読んでみてくださいね。私はブロガーでもあるんですが、能力開発コンサルタント&心理カウンセラーとして活動していますので。

 

そういえば、かなり昔ですが深田恭子さん、松下由樹さんが主演の『幸せになりたい!』というドラマもありましたね。全10回で平均視聴率は11.8%だったそうですよ。

それと、内田有紀/幸せになりたい という歌もいい歌詞ですね!

幸せな成功者になるための5つの方法

方法① 「強み」を活かしてお役に立つ

「幸せになりたい」と思うのなら一番重要なことは、自分の強みを活かすことですね。これはポジティブ心理学というちゃんとした学問として研究されていることなんです。

「強み」なんてないから無理!って言わないでくださいよ。どんな人にも「強み」は必ずあります。自分なんてしょうもない自慢できることなんてない人間なんだと思ってはいけません。

 

誰かと比べる必要もなく、とにかく「こういうことを誉められたことはあるなー」「これは結構うまくできるかも」「ゲームをするのは何時間でもできる」「ネットで情報を集めるのは得意」「お菓子がめちゃくちゃ好き」 ほんと何でもいいんです! 

まずは自分の中だけで構いませんので、「強み」を見つけて、その強みで誰かを助けてあげてくださいね。その「強み」で誰かのお役に立てることが幸せになるための方法の一番大事なポイントになりますので!

 

方法② 人生の目的、志に気づくこと

「幸せになりたい」って思う前に、人生っていったい何?自分はどんな人生を歩みたいのかを考えましょう

幸せというのは決まったカタチがありません。自分が思い描いていることが実現できれば、それが「幸せ」。もっというのであれが、自分の思い描いている妄想に日々チャレンジして頑張っていること自体が「幸せ」なんですよね。

 

実現できるかどうかよりも、自分が人生で望んでいることに近づいていく喜びです。もちろん、失敗することもOKです! 成功ばかりしていたら、これって面白さを感じないんですよ。

苦労して達成することがちょこっとあるから、その時の喜びを噛みしめることができる。これが「幸せ」というもんではないでしょうか。まずは、自分なりの「幸せ」ってどんなカタチのものなのかをいっぱい妄想しましょう!

 

方法③ ポジティブな思い込み

どんな事象が起こったとしても、なるべく肯定的な解釈をしてしまう。

たとえば、電車に乗り遅れて会社に遅刻したとしても、無事に何とか会社に着けたし、何か大きな問題が発生しなかったのであれば、「ついてるな~」って思えばいいんです。もちろん反省はすればいいけど、もう起こってしまったことはどうしようもない訳です。だったら1日暗い気持ちで過ごすのか。気持ちを切り替えて楽しい気持ちで過ごすのか、どっちをあなたが選択するのかなんですね。

 

ポジティブ思考というのは、思い込みの世界です。あなたが起こってしまった事実をどう捉えるのか。どう解釈するのかによって、気持ちは大きく変わります。全部をポジティブ思考に変えることはできないけど、笑顔をつくって天国言葉(ツイテル、ありがとう、すべてに感謝など)を言いながら、前向きに明るく過ごす決意をしましょう! 

 

「幸せになりたい」って思うより、ポジティブに思いこめることを増やすことができれば結果的に「幸せ」を感じることが増えるんで。

 

方法④ 良い人間関係を構築する

やっぱり人間は一人では生きることができません。何か成果を残したとしても誰か一緒に喜んでくれる人がいないと、幸せを感じることはできなんですよね。誰とでも良い人間関係を構築する必要なんてないですよ。

 

あなたが大事にしたいと思う人が喜ぶことをやってあげましょう。たったそれだけのことです。一番最小単位は「家族」ですね。まずは一番身近な人に喜んでもらう。その喜びを自分の喜びに感じることができれば、もうあなたは十分「幸せ」です。

相手が喜ぶ笑顔を見ることが「幸せ」につながるんです。自分の好きなことをして自分だけの楽しみも「幸せ」を感じる上では重要だけど、共に楽しめる家族や仲間との人間関係を大切にしていけば、いつの間にか「幸せ」を感じる時間が増えてくるでしょう!

 

方法⑤ 有難さを感じ取れるチカラ

ここまで「幸せになる方法」をあげてきましたが、この「ありがたさ」を感じるチカラはすごく重要です。

結局「幸せ」なひとは、どんな些細なことにだって感謝できるんですね。お金が多少苦しくても、住むところがあって何とか普通の食事もできる。家族も皆健康に過ごしてくれている。毎日がありがたいな~って思えるんです。

 

ちょっと病気になってしまっても、まだ命はある。何とか元気になれる余地はある。これだけでも幸せだなーと思える人は、やっぱり「幸せ」なんですよ。

置かれている状況はみなそれぞれ。一見、幸せそうに見えても本人が「幸せ」って感じられていないのであれば、それは不幸せなんですね。なので、日々小さな小さなことに「ありがたさ」を感じていけるようになりましょう!

 

「幸せになりたい」と思う人への最後のアドバイス

imageCAL56SRN

「幸せになりたい」と願う気持ちよりも、自分ができることにフォーカスすることです! 

しんどいこと、ツラいこと、苦しいこと、ツイてなかったこと、自分の性格や育った環境などなど。自分にしかわからないことは山ほどあります。同じような体験をしていない人に、すべてを理解してもらうことは不可能です。全部は自己責任なんですよ。

 

なので、自分が「幸せになりたい」と強く思うのなら、強い気持ちで「幸せになる方法」を1つひとつ地道に実践していくしかありません。「幸せ」は他人が決めるのではなく、自分が決める。今から「幸せ」になると決心して、日々過ごしていきましょう!

Sponsored Links