「副業禁止」ってどうなの?怒「副業禁止」規定の会社は傲慢ですよ。責任とれないでしょ。

resize-img123
Sponsored Links

サラリーマンの人で「副業禁止」規定に悩まされる人が多いですよね。「副業禁止」って、私は大反対です。もう時代遅れだと思いますね。

昔は、個人での稼ぎ方って限られていたし、それこそ会社終わってから別の会社に働きにいくって感じだったと思うのですが、今は家でPCを使っていろいろな活動ができます。それを制限するってことでしょ。

TVみたり、雑誌読んだり、動画みたりする時間はOKで、なぜ稼ぎにつながる行為はダメなのか。意味がわかりません。もっというと、休みの日にゴルフいくのはOK。旅行にいくのはOK。でも、講座開催したり、ネットで作品を販売したり、アフィリエイトやったりはダメ。

会社はどういう論理で、どういう権限で「副業」を禁止するのでしょうか。ほんと意味がわかりません。

resize-img123

会社は会社の資産をシッカリ守ればいい

もちろん、会社員として会社の資産は守られるべきだし、仕事を全うすべきです。そんなの当たり前のことです。

会社の業務をしっかりとこなすことと、アフターファイブや休日に副業することとは、まったく関係のないことです。副業をやってようが、やっていまいが、仕事できない人はできなし、成果を出せる人は出せます。

 

なのに、会社の時間外で稼ぐことが禁止するって、オカシイですよ。会社の資産を守る。権利を守る。それは当然あっていいのです。

だから、副業が本業と競合するようようなことは絶対的に禁止すればいい。それでいいじゃないですか。なぜ、一律に「副業禁止」にする必要があるのか。私は労働法のスペシャリストでもないので、詳細はわかりません。

でも、会社以外の時間をどんな風に過ごさなければいけないとか、強要することはできないはずです。副業をどう考えるのかは、結局は個々の会社(経営者)がどう考えるのかどうかだけですよね。副業を禁止してもいいし、一定の条件下で副業を許してもいいわけです。

副業を禁止する会社は責任をとれるのか?

最後は自分のことを自分で守るしかない

副業を禁止する会社は、もし会社に何かあったときにどこまで責任をとってくれるんでしょうか。最低限の保証はしてくれたとしても、社員一人ひとりの生活を最後まで守れないですよね。無理に決まっています。

社員は、家族や自分の生活をシッカリと自分で守らなければならないのです。もしものためにちゃんと稼げる土台を作っておきたい、と思っている人の活動を制限できる権限は会社にはないはずです。

会社の度量の問題

副業を許すと会社に何か問題があるから、禁止するんですよね。どんな問題があるのか、会社ごとに明確にすればいいだけのことです。

先にも書きましたけど、細かく本業と競業する課外活動は禁止すればいいし、もし勤務時間中に副業をしていることが見つかった場合は、大きなペナルティーを課せばいい。副業に夢中になって、身体を壊してしまう人にも厳重指導できるようにすればいいだけのことです。

 

会社以外の時間はカラダを休めるべきで副業はダメとか何を言ってるんでしょうね。意味不明です。ゴルフの方が疲れるでしょ 笑 

もちろん、副業OKにしたときに、いろいろな問題が発生する可能性もあるでしょう。でも、そんなことは会社が、しっかりと運営すればいいだけのことです。本業も頑張ってもらう。

で、アフターファイブで稼ぎたい人がいれば、応援する。それくらいの度量が会社にはあって欲しいのです。

社員の本当の幸せを願う

resize-img121

私はフリーランスなので、別に副業規定で困ることもありません。副業をしたい人の味方でもないし、会社の味方でもありません。

でも、一律で副業を禁止する会社は傲慢だと思うのです。今の時代、家に帰ってネットで稼ぐことは普通にできます。自分の時間を、読書に使おうが、家族団らんの時間に使おうが、ネットビジネスをやろうが、本来は自由なはずです。

 

株はいいのでしょうか。不動産投資は副業になるのでしょうか。資産運用もしてはいけないのでしょうか。

もし、株がOKというのなら、それはどういった理由でOKなのでしょうか。書評を書いて、アマゾンのアフィリエイトは、なぜ、ダメなんでしょうか。

それらをシッカリと説明する義務は会社にあるはずです。もう、新しい時代になっているんですよ。どう考えても一律に副業禁止規定を設けている会社は、社員のことを真剣に考えていない。

社員の幸せを本当に願うのなら、面倒でも、試行錯誤しながらでも、気持ちよく社員が本業でも副業でも頑張れる仕組みやルールを作るべきです。共感してもらえる人、反論ある人。ご自由に拡散してもらえれば。

Sponsored Links