年収600万円と800万円の違いは?

resize-img128
Sponsored Links

私は100倍塾という能力進化塾の中で「年収いくら欲しいですか?」という質問をすることがあります。「1千万円欲しい人」と聞くと、ほぼ手をあげます。

「では、なぜ1千万円欲しいのでしょうか?」というと、「何となく切りがいいので」「1千万円稼ぐというのは成功の証なんで」とか抽象的な回答になることがほとんどです。

「1億稼ぎたいです」と高い設定を持っている人も、その1億円を何に使いたいのかが明確になっていないんですね。

 

そもそも、「いくら稼ぎたいか」という質問がナンセンスなのかもしれません。報酬は、どれだけ人のお役に立てたのかによって決まるので、本来は「どういうことでお役に立ちたいのか?具体的な手段は?」と質問するのが良いのでしょう。

それでも、お金そのものが持っているパワーを考えれば、お金という金額でイメージしていくことも大切だと思うのです。

resize-img128

①    年収200万円の差で、どんな影響が出るのか?

1千万か1億かという議論は、ちょっと置いといて、もうちょっと現実的な年収で考えてみましょう。

たとえば、年収600万円の稼ぎの場合と、年収800万円の稼ぎの場合で、どんな差が出てくるのでしょうか。

生活が楽になる?どんな風に。欲しいものが買える。実際に何をいつ購入するのか。もし、200万円増えなかったら、どんな不都合が発生するのかも考えてみてください。

600万円と800万円で話をしていますが、なぜ1千万円が必要なのか・・・。切りがいい数字なので何となくそこを目指すというのでは実現することはできません。金額が大きくなればなるほど、その稼ぐ理由が明確で納得できるものでないと頑張り続けることはできませんから。

②    年収をアップさせるために何をしないといけないか?

その年収200万円をアップさせるために何をしないといけないのでしょうか。何を差し出さなければいけないのでしょうか。

代償もまったくなく、200万円アップできることはありません。現在年収600万円だとして1千万にしたいのでれば、400万円。

つまり今の年収の2/3を稼げないといけません。もし時間だけでいうなら、600万円稼ぐために年間2100時間(250日、1日8~9時間労働)働いているとすると、その2/3の時間すなわちプラス1400時間働かないといけないわけです。
合計3500時間となると、毎日休みなく10時間働かないと無理ですよね。過労で死んでしまいます。
なので、知恵を絞る。働き方を変える。リスクをとる。何かを変えないと達成できることはないということです。

③    お金を稼ぐための代償

resize-img119

あなたが稼ぎたい年収にどんな意味があるのか。ぼんやり何となくお金を欲しいとかは学生トークですね。

実際に社会人になりお金を稼ぐことの大事さ、家族を守ることの責任、自分の時間の大切さは痛いほど感じているはずです。なので、時間と幸せとお金の関係性をジックリと向き合う必要がある。

 

「何となくお金があればいいのに」「何となくお金を稼ぎたい」といった向き合い方をするのではなく、仕事やライフワークに大きな影響を及ぼすことになることを肝に銘じておきましょう。

ジックリ考えたうえで、やっぱり年収600万円ではなくて、年収800万円にしたいと思うのであれば、自分が何を差し出すのかトコトン考えてくださいね。

それは時間ですか? お金ですか? 報酬をアップさせるためにどんな代償を払うのか。ここまでシッカリと考えて目標に向かってがんばってくださいね!

Sponsored Links