「人生の目的」なくして「効果的な目標」は立てられない! 何を一番大事にしているのかを感じて考える!

2015-09-21 07.11.06
Sponsored Links

「目的」と「目標」の違い。わかりますか?

 

「目的」とは、自分の志や使命感のこと。

「目標」とは、期限を決めて数値(もしくは固有名詞)で明確にあらわせること。

 

目標設定は誰でも例外なくやっている

 

目標はどんな人にもあります。長期か短期か、ライフワークかビジネスのことかの違いはあれど、人は期限や数値を設定して行動しています。

 

たとえば、「今日の夜までに、取引先のAさんにお礼メールを送る」というのは目標のひとつです。数値は入っていませんが、「Aさんに送る」ということで明確にわかっています。

 

また「9月31日にBさんとランチする」というのも目標の一種ですね。

 

私がいつも書いている「1年後に10万PV/月」を目指すというのも目標です。これは「目的」ではありません。

 

捉え方の違いはあれど、皆目標は設定していて、それに基づいて行動しています。

 

「使命感」や「志」はわからない?

 

しかし、自分の人生における「使命感」や「志」を持っている人は少ないです。

 

そもそもそんなことを考えていないし、考える必要性も感じていません。

 

確かに、「使命感」とか「志」を考えなくても、勝手に時は流れていきます。目の前のことをやりこなすだけで精一杯ですよね。

 

でも、その目の前のことを「なぜ、しなければならないのか」なんです。

 

たとえば、「来年こそは社労士の試験に合格する!」とか「来年は売上を2倍にする」とか、何のために目標を達成しなければならないのでしょうか。

 

「合格」とか「売上2倍にする」ことにどんな意味があるのでしょうか。すべて自分にとってはとても大切なことのはずです。その大切なこととは何かということですね。

 

「取引先のAさんにメールを送る」というのも一緒ですね。なぜ、メールをしなくてはならないのか。

 

「怒られるから」「仕事の関係性を大事にしたいから」とか、これは表面上に過ぎません。

 

「目的」とはあなたが大切にしている価値観です

 

あなたが人生の中で最も大切にしていることは何かということなんです。

 

もしあなたが「人とのご縁を大切にする。誠実に人として対応する」ということを大事にしているとします。そうであるから「お礼メールを送る」ことがあなたにとっては意味のあることなんです。

 

友達とのランチも一緒ですね。「ご縁を大切にしたい」ということです。

 

「使命感」とか「志」とかいうと、すごく難しく聞こえますが、あなたが人生において大切にしていることは何かということです。人生の目的ですね。

 

私は「教えることで人に勇気と元気を与える」ことが目的です。

 

「感謝」「日々研鑽」「貢献」という言葉をとても大事にしています。

 

この「目的」を大前提にして、日々「目標」を立てて努力しています!

 

「人生の目的」を持たずに生きると薄っぺらい人生になりますよ。間違いなく幸せに成功している人は、自分に与えられた人生の意味を深く理解しています。

 

「人生の目的は何ですか」「志は何ですか」という質問に答えられないようではトップ1%に入ることはできません。

 

自分の人生を見つめて、しっかり軸を持って時間を使っていきましょう!

 

多田健次のオリジナル講座

◆「TOP1%」を目指す集団! 通称「100倍塾」ってこんな講座!

◆100倍能力進化塾のトップページ ⇒ 「100倍塾」の本サイトはこちら!

 

Sponsored Links