マイナス思考は50%遺伝。残り50%克服法

resize-img47
Sponsored Links

「マイナス思考はいいことないのでプラス思考になりましょう!」とどんな自己啓発の本にも書かれています。私ももちろんセミナーなどで「プラス思考」「ポジティブシンキング」を奨めています。

マイナス思考になってしまうと、ほんといいことがないんですよね。気分もすぐれないし、人間関係も悪化する。ヘタすると病気になる。生きることもしんどいな~と思いつめることになってしまいます。

でも、どうしてもマイナス思考から抜け出せない。改善、克服したいとは思うけど、ちょっとうまくいかないことがあるとすぐに凹んでしまう。しかも引きづる。ダメだとはわかっているんですよね。どんなにプラス思考になれればラクかって。

resize-img45

マイナス思考は遺伝

まず、マイナス思考の人に伝えないといけないことがあります。それは、最近の研究で「プラス思考(ポジティブ)」なのか「マイナス思考(ネガティブ)」なのかは50%は遺伝で決まっているということなんです。

なので、マイナス思考の人は生まれつき、悲観的に考えてしまう思考プロセスになっているんですよ。これって、ショックですよね。遺伝なんで、どうしようもありません。

残り50%は自己努力でマイナス思考を軽減できる

でも、ここからがすごく大事なんです。残りの50%部分については自分のチカラで必ず変えられます。ちょっと努力によって変えられない不利な環境が揃っている場合は、10%程度減ってしまいますがそれでも40%はコントロールできるんですよ。

まずは、この事実を受け入れましょう。「遺伝だからしょうがないから、もうあきらめる」と思ってしまうと、残り50%部分も確実にマイナス思考におかされてしまいます。

絶対にそうならないようにしてもらいたいのです。

ただ、あきらめも必要

ただ、プラス思考の人が実践できるポジティブシンキングは無理ですね。あきらめましょう。

たとえば、超プラス思考の人は車にはねられても「あ~、足の骨が折れただけで良かった」って思えるんです 笑 「ツイテないな~」とは思いません。命を落とさずに済んでほんとツイテルわーって感じですね。

マイナス思考の人にそう思いなさいって言っても無理でしょ。会社でちょっと嫌なことがあったくらいでこの世の終わりみたいになってしまうくらいなんで。

なので、いつでもどんな時でもプラス思考になる必要もありませんよ。自分のことを責めすぎないことはとても大切です。

マイナス思考は仕方がない部分を受入れた上で、残り50%をコントロールできるようになりましょう。

マイナス思考をコントロールしよう!

①マイナスのことを思ったら、プラスのことを3倍考えるようにする

これはポサダ比といって、「マイナス1:プラス3以上」を実践すればトータル的にプラス思考になれるという割合なんですね。

なので、もし5分間嫌なことを考えてしまったら15分楽しいことを妄想しましょう。ワクワクすることだけを考えるようにしてくださいね。

②プラス思考の人が多い集団に属する

マイナス思考の人が集まると伝染します。暗い顔をしている人がいるだけで、いつの間にか影響を受けてしまっているんですね。これはダメです。

いっつも会社や上司の悪口ばかり言っているグループに入っていると毒されてしまいます。サッサとそういう集団から抜けちゃいましょう。

一緒になって愚痴や悪口を言ってたらすべて自分に悪いエネルギーとして帰ってきますので。プラス思考の集団はそういった空気を嫌いますので、そういうところでプラスのエネルギーをもらうようにしましょう。

③笑顔で上を向く

理由は不要です。朝起きたらとりあえず作り笑顔。鏡を見てまたニコッと笑う。別に楽しくなくても構いません。

不思議なことに脳は勘違いして「何か楽しいことがあったのかな」って判断するんですよ。で、下を向かずに胸を少し開いて上を向いて大きく深呼吸してください。「さ、やるぞ!」と気合い入れればOKです。効果はかなり高いのでやってみましょう!

④そと向きの感謝とうち向きの感謝を意識する

外向きの感謝とは、周りの人に対して「ありがとう」の気持ちを伝えていくことですね。「ありがとう」と感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。みんな嬉しいんです。

だったらちょっとしたことでも、大切に思っている人に対して声がけをしてあげてくださいね。そうすると、相手のプラスの気が自分に入ってくるようになります。相手もあなたが喜ぶことを言ってくれたりするんですよ。

 

そして、内向きの感謝とは「自分の身体」に対するねぎらいの「ありがとう」ですね。自分の足に対して「今日も頑張ってくれてありがとう」ってお風呂でさすってあげましょう。

頭をなでて「今日も素晴らしい思考をありがとう」って言ってあげてください。ま、自分をいたわってあげることでプラス思考になりやすいので。

⑤マクロ視点を利用する

悩んでいることは世界から見たら小さいことなんです。宇宙レベルから見たら、本当にどうでもいいことばかり。

規模が大きすぎてリアリティーに欠けるんであれば、自分なりの「どうでもいいことなんだ」って思えるレベルで広く大きい視点で悩みを捉えてみてください。

本当に悩んでいることは「どうでもいいこと」が多いんですね。普通に住むところがあってご飯食べれて寝れる。もうこれで十分って思える。狭い視点で悩み続けないようにしましょう!

まとめ

resize-img42

まずは、マイナス思考は遺伝で決まっているので、超プラス思考はあきらめてくださいということです。超プラス思考の人から、アドバイスを受けても半分くらい聞かなくていいですよ。

どっちみち無理なんで 笑 私はそれをわかった上で能力進化塾、通称「100倍塾」ではポジティブシンキングの重要性を徹底的に伝えています。なので、講座の中では極力「プラス思考」の訓練をするわけです。

 

あとは、遺伝の部分もあるのでそこは私もどうすることもできません。マイナス思考の人は、コントロールできることにフォーカスして「今」よりも短い時間で立ち直ることができたり、「今」よりも気分が良い日が増えればそれで十分です!

今までは365日中200日マイナス思考だったのが、100日に減れば大成功ですよね!

Sponsored Links