傾聴力を学ぶ価値は?傾聴の弊害も知っておく

resize-img1GW7COMZ14
Sponsored Links

傾聴力とは、相手に共感し受容すること。深く聴くこと。このチカラは特にカウンセラーに求められます。傾聴力はラポール(信頼関係)形成の基本で、よりよい人間関係構築のためには必須ということです。

私も心理カウンセラーなので、コミュニケーションの基本は「傾聴力」にあると考えています。傾聴技法もかなり学んできましたよ。

相手が話しやすいような雰囲気を作ってあげる。カウンセラーの場合だと、いかに自由に悩みを打ち明けてくれるかどうかです。でも、この傾聴力ってちょっと間違えると、相手のことを知るばかりで自分のことはちゃんと伝えられなくなったりするんですよね。

resize-img1GW7COMZ14

傾聴の弊害

傾聴をし過ぎると、相手に質問ばかりする。相手のことはわかるけど、相手はあなたのことはあんまりよくわかっていないってことになります。これはあなたに個性がないということになってしまいます。

自分のこともよく理解してもらいながら、相手の話を聴けることが理想です。相手の話にあわしながら、自分の体験談などもちょこちょこ入れていく。

それが相手にとってもいい刺激になったりするんです。気づきにつながったりします。もうずっと聴いてばかりの人いますよね。相手のためにも自己開示を積極的にできるようになりましょう。

問題解決型の傾聴スキル

ビジネスの現場だと、傾聴しながらも提案につなげたりアドバイスできないと相手にとって気づきが得られません。

このあたりは、しっかりとカウンセリング技法を学んでいけば、問題解決型の傾聴スキルを習得できるんですが、傾聴をかじっただけだと「聴く」ことだけで終わってしまいます。これは本当の「傾聴力」とは言いません。

そもそも、なぜあなたは「傾聴」を学びたいのでしょうか。カウンセリングをするためでしょうか。問題解決をするためでしょうか。対人支援の仕事に就きたいからでしょうか。

もし、何かしら仕事でカウンセリングの仕事に就きたいのであれば、どういった目的でカウンセリングをするのかをかなり明確にすべきです。「傾聴力」といってもいろいろあるからです。

たとえば、私の場合は「単純に寄り添い共感するだけ」の傾聴はやりません。基本、相手が悩んでいることや望んでいることを聴きだしながら、必ず問題になっていることを整理していきます。

そして、こちらから相手に考えてもらうような質問を投げかけていくのです。私から強制することはありませんが、何個か提案したうえでアドバイス的なことも言います。

要は、相手の悩んでいることを問題解決するために傾聴技法を使っているんです。いろいろな情報を収集しないとその人の悩みを立体的に理解できませんから。

カウンセラーこそ自身の悩みをしっかり解決すること

ちなみにカウンセラーとして傾聴力を身に付けて相談に応じる場合も、あなたが自分自身の問題をしっかりと整理できていないと本当の傾聴はできません。

それはあなたの心に問題があるから、言葉に微妙なブレが出てしまっているからです。私のまわりでも、相手の悩み相談に乗っているけど、ほんとはあなたが一番悩んでいるってことがよくありますからね。そんなことでは、相手の支援なんてできませんから。

まとめ

resize-img13AZE3LH16

ビジネス現場でも「傾聴力はすごく大切である」ということが当たり前になってきています。でも、実際に傾聴力を学んでいる人は少ないでしょう。講座に通うまでもないかもしれませんが、傾聴スキルは意外と奥が深いですよ。

傾聴にはメリットとデメリットがあります。そういったことをしっかりと理解して、どういった目的で傾聴スキルを学びたいのかを明確にすることですね。少なくとも寄り添って共感して聴くことができることだけでは、実践では通用しませんから。

Sponsored Links