時間にルーズ。こんなことは時間にルーズだなと思う

resize-img132
Sponsored Links

時間にルーズな人、大嫌いです! 人の時間を何とも思ってない人っていますよね。すべて自分都合。相手の時間をムダに奪うことは、人のお金を奪っているのと同じです。

そういうことに気づいていない。平気で人を待たせる。いっつも遅刻してくる。自分の話ばかりをして、相手の話す時間を取ってしまう。もちろん、たまにちょっと待ち合わせ時間に遅れてしまうとか、そういうのはお互い様ですよ。

私も何がなんでも、すべてを完璧にキチキチっとしないといけないとは思っていません。でも、基本その人が相手の時間を大事にしているかどうかはわかりますよね。

resize-img132

時間にルーズ①会議ダラダラ

会社員の人は、会議がダラダラと長くなることに嫌悪感を持っている人も少なくないはずです。お題と時間をキチッと決めての会議であればいいのですが、無目的に意味のない会議もありますよね。

下っ端は会議をコントロールすることはできないので、やはり管理職の「時間意識」が影響します。時間権限を持っている人こそ、時間の大切さに気づいてもらいたいんもんです!

時間にルーズ②沢山の人を移動させる

これも会社ではよくありますね。会議と一緒ですが、多くの人の時間を使う。とくに、全体ミーティングのような場合、多くの人が移動します。それによって、業務が止まってしまったり、そのための調整に多くの時間が取られるのです。

この調整時間は見落とされていることが多いのですが、けっこうな時間を使っています。

時間にルーズ③ダラダラ飲み会

飲み会ばかり参加する。タイムマネジメントの話かもしれませんが、ダラダラと飲む。飲む人は、飲んでいる時は楽しいので時間間隔が狂うのでしょうね。

でも、お酒はそんなに好きでない人もいます。普通の食事と一緒なんですね。もちろん、仲間との楽しい時間を否定しているのではなく、ダラダラとお酒を飲み続けることは、時間にルーズな証拠ではないでしょうか。

「今日はトコトン飲もう」という飲み仲間ならまだしも、お酒をあまり飲まない人がいる場合は、時間意識を高めてもらいたいですね。

時間にルーズ④延長する講義

私は講師業をやっていますから、講義時間についても思うことがあります。講義の延長についてですね。講師は、生徒のためを思って一生懸命に講義をします。すると、つい時間延長してしまうのです。

以前、心理学の学校に通っていたとき、いっつも当たり前のように講義時間が30分~1時間近く延長していました。しかも夜の講義で。いくら講義内容がよくても、ダメですね。

私もしょっちゅう延長してしまうので、そこは猛反省です。やっぱり相手の時間を大切にすること。これ大事ですね。

最後にひとこと

resize-img

時間にルーズはよくないというのは概ね反論ないでしょう。やっぱり時間ほど大事なモノはありません。時間にルーズな人というのは、相手の時間を軽く見ているんでしょうね。

たとえば、オフィス多田で打ち合わせをする時も、「すいません30分ほど遅れます。何か仕事をされておいてくださいね」みたいな連絡がくる。

ちょっとは反省しているのですが、仕事をしてもらっているからそんなに迷惑をかけていないと思っている人もいます。もちろん、その浮いた時間で何かしら仕事はやりますが、そういったことではないんですよね。

お互いに相手の時間を大切にする姿勢こそが一番大切なはずなのです。私も、まだまだ時間意識が甘いところがあります。タイムマネジメントというのは「自分の時間管理」と「相手の時間を大切にする心構え」の2つともできないといけないですね!

Sponsored Links