独立に躊躇するくらいだったら独立なんて考えなくていい?

resize-img75A31L6Q
Sponsored Links

独立起業で成功されているかなりやり手の方からこんなご意見をいただきました(少し加筆修正)。

僕は踏み切れない人は独立なんて考えなくても良いと思いますけどね。会社員であったほうが非常に大きなイノベーションを起こすことも出来ますし、独立したから凄いことでもなんでもなくて、志向性の違いだと思っています。どういった環境が自分に向いているかだけの話で、ふみきれないのであれば独立といった志向にあっていないだけかと考えますけどね。もちろん、何が良いかなんて考えていません。それぞれの生き方があるだけかと。

 

 独立起業の決断はそう簡単に割り切れるものではない

確かに、悩むくらいだったら独立起業なんてしないほうがいい。どうしてもやりたいことがあって独立起業するほうがいいに決まっています。志、使命感や熱い気持ちもあったほうがいい。会社組織の方が自分にあっているかもしれない。

でも、悩んでいる人は結局そこがボンヤリしているからわからないんですよね。独立起業に踏み切れないから独立を考えなくてよいと簡単には割り切れない人も沢山いるのが実情だと思いますね。

そもそも、独立起業のほうが自分に向いているのかどうかというのは、経験したことがない人にはわからないことなんで。

組織の環境次第

会社員は会社で大きな仕事をできる可能性もあります。一部の優秀な人間は大きなイノベーションを起こすこともできるでしょう。

でも、会社でやりたいことができる環境があれば割り切れたりしますけど、モヤモヤしてる人はずっとそういった気持ちを持ち続けてしまうのです。それって、中途半端で幸せにはなれないので。
甘い気持ちなら独立はしない方がいいと思います。私も別に独立が偉いとかそんなことは思いません。ただ、会社に不満を持ったり面白くない仕事をお金のためだけに働いている人は、ひとまず今できることをドンドンやってみたらいいんですよね。

独立起業に躊躇しながらも今できることは?

ブログは誰にも邪魔されない自由な空間です。「自分メディア」で情報発信を続けることで今まで気づかなかった自分の強みや興味と出会うことも十分考えられます。

それを足掛かりに独立起業を本気で考える人もでるでしょう。もちろん、会社員として日々充実して過ごされている人もいます。私もどっちがいいとかそんなことは思いません。

ただ、悩んでいる人やなかなか踏み切れない人は、ブログとか何のリスクもないものだし、やってみたらいい、ということですね。もし、独立したいと思った時に「自分メディア」を持っていると、商品やサービスを売ったり、講座集客やネットショップをする時にかなり有利に進められることは間違いありませんから!

まとめ

resize-img75A31L6Q

独立起業に躊躇するくらいなら「会社員でいい」というのは、会社員で恵まれた環境で過ごせる人の意見ですね。会社組織で自立性をもって、イノベーションを起こせる役割、環境、能力が揃っている人は超優秀な人材だからです。

独立起業があっているかどうかの志向性は、やはり経験してみないとわからないでしょう。会社では自由に思うような活動ができない人はごまんといます。だからといって起業に向いているのかもわからないということです。

なので、独立起業に躊躇している人は、ひとまず対外活動を増やして自分の適性や、やりたいと思えることを深堀りしていきましょう!

 

Sponsored Links